ディヴェルティメント作曲:オリヴァー・ヴェ―スピDivertimentoOliver Waespi【吹奏楽 楽譜セット】 4921cardq92774-楽譜

ディヴェルティメント作曲:オリヴァー・ヴェ―スピDivertimentoOliver Waespi【吹奏楽 楽譜セット】 4921cardq92774-楽譜



『ディヴェルティメント』は、『アウディヴィ・メディア・ノクテ(我は聴きぬ、真夜中に)』などの成功で一躍脚光を浴びたオリヴァー・ヴェ―スピの2011年の作品。

スイスのザンクト・カレンで2011年6月に開催された“ザンクト・ガレン連邦音楽祭2011”のコンテストのテストピース(課題)として、スイス・ウィンド・バンド連盟の委嘱で作曲された。

ジャズのセンスも取り込んだひじょうにインパクトのあるこの作品は、4つの対照的な楽章で構成される。

第1楽章「プレリュード」は、序曲の形をとる。幕開けとともに作品の始まりを強く印象づける輝かしいイントロのモチーフは鮮烈、華麗で、より静かで抒情的な中間部とコントラストをなす。その後、勝利を確認するようにふたたび導入部の音楽が戻ってくる。

第2楽章「メディテーション」は、文字通りの“瞑想”であり、ウィンドオーケストラの伴奏にのせて、オーボエ、フルート、フレンチ・ホルン、サクソフォンの各ソロがフィーチャーされる。

第3楽章「プロセッション」は、作曲者いわく“かつてのリムスキー=コルサコフのように”輝かしい行列を表現する。だが、それは、貴族の行列ではなく、まるで真逆の、アメリカのニューオーリンズの行列に似たスタイルとなっている。ニューオーリンズでは、歩調をとって行進するのではなく、アップビートのリズムにのり、誰もが街で踊るように、より自由に体現される。

第4楽章「ホーダウン」には、アメリカの伝統的なフォークダンスの要素がとり入れられている。活気と芸術性の両方の側面を合わせ持つ音楽で、エンディングに向かってグイグイ盛り上がっていく。可能な限り速いテンポで演奏されることでより効果が上がる音楽だ。

4つの楽章の意図を明快に表しながら、熱狂的に演奏することが重要なポイントとなる。

【オリヴァー・ヴェ―スピ】
1971年11月5日、スイスのチューリッヒに生まれる。チューリッヒ音楽院に作曲と指揮法を学び、その後、ロンドンの王立音楽アカデミーにも学ぶ。ルツェルン音楽院においても、1995年にクラウス・フーバー、1996年にアルフレッド・リードから作曲を学ぶ。作品は、管弦楽、室内楽、声楽、ウィンドオーケストラ、ブラスバンド、ギターなど、多岐にわたる。1999年、イタリアのコルチャーノ国際作曲コンクール、 2003年、ルーマニアのジョルジェ・エネスク作曲コンクールなど、受賞作も多い。

・出版社グレード:6
・作曲:オリヴァー・ヴェ―スピ (Oliver Waespi)
・TIME:16分25秒(CD-2385参照)
・出版:ベリアート(Beriato)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット)


ビッグ・バン/フライト~大空の冒険 The Big Bang

Piccolo(doubl. Flute III)
Flute (I、II)
Oboe(I、II)
English Horn (opt.)
Bassoon(I、II)
Contra Bassoon(opt.)
Eb Clarinet
Bb Clarinet (I<div.>、II<div.>、III<div.>)
Alto Clarinet
Bass Clarinet
Contrabass Clarinet (opt.)
Alto Saxophone(I、II)
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone

Trumpet(I、II、III、IV)
Horn(I、II、III、IV)
Trombone(I、II、III)
Euphonium(I、II)
Tuba(I、II)
Violoncello(opt.<div.>)
String Bass
Harp

Timpani

Mallet Percussion
(Glockenspiel、Xylophone、Vibraphone、Tubular Bells)

Percussion
(Snare Drum、Bass Drum、Drumset、Toms、Hi-hat Cymbals、Crash Cymbals、Suspeded Cymbals、Bongos、Cajon、Tam-tam、Triangle、Shaker、Cabasa、Cowbell)

ディヴェルティメント作曲:オリヴァー・ヴェ―スピDivertimentoOliver Waespi【吹奏楽 楽譜セット】

Beauty is power

美は力、エネルギーに満ちている

それは女性美だけにとどまらず、
ライフスタイル、インテリア、ファッション、ヘアスタイル、匠の技、食、自然など、
ジャンルを問わず多角的な美と多様な美の表現が存在します。

またビジネスの世界においても美力の追求は欠かせないものとなっています。

美は説得力、牽引力、集客力、購買力、話題力、ブランド力、を生み出します。

美の視点から多面的なビジネス展開・構築を目指す、全ての方々へ
ブランディング、製品開発、商品企画、セールスプラン企画、教育プログラム作成、セミナー等、
これまでのバックグラウンドとネットーワークを生かし、
様々なアプローチとサポートを行います。

美しさは人々を魅了し続ける

5.cinq. にしか描けない
“美しさの地図”を私たちは持っています。

SIDI シディ: PERFORMER(パフォーマー) BLACK BLACK 44(JPN:27.5cm)

FIVE ファイブ: SF3 BLACK Lサイズ【中古】中古部品 エルグランド APE50 左スライドドアAssy 【15741673】

01化粧品製品開発&コンサルティング

  • ・商品コンセプト構築
  • ・商品企画/商品開発
  • ・処方コンセプト
  • ・化粧品成分配合・テクスチャー・仕上がり感・効果等の提案及びアドヴァイス
  • ・化粧品市場の特性を把握した効果的なプロモーション、メディア、媒体のご提案
  • ・売り場スタッフへのトレーニング&セールスメソッドの構築
【中古】中古部品 アクア NHP10 リアゲート/バックドアAssy 【15399466】 マーケティングプラン、ブランディングプランを軸にマーケット・トレンド予測、コンセプト構築、製品開発、マーケットへの落とし込み、教育、全ての業務のサポートをします。
※画像はイメージです。

03PRレセプション・各種イベント

  • ・メイクアップショウ
  • ・バックステージメイクアップ
  • ・ビューティートークショウ
【中古】中古部品 フォレスター SH5 左フロントフェンダーパネル 【15474156】 ご要望に応じてコンテンツ内容を提案実施します。

04セミナー・講演

  • ・メイクアップ、セルフプロデュースセミナー(企業等)
  • ・トレンドメイクアップセミナー(社員、店頭スタッフ等)
  • ・セルフプレゼンテーション等(大学、法人教育機関)
ご要望に応じてコンテンツ内容を提案実施します。

05メイクアップ指導

  • ・メイクアップアーティスト、美容師への技術指導(企業)
  • ・メイクアップレッスン(企業・一般個人)
  • ・メイクアップセラピー(企業・一般個人)
  • ・美容カウンセリング後、化粧品購入サポート(一般個人)
ご要望に応じてコンテンツ内容を提案実施します。

【中古】中古部品 ハイエース KZH100G 左スライドドアAssy 【15314607】

日々の過ごし方やライフスタイル、そして食生活。
それらは、感情や表情と複雑にシンクロし、
個性となって外見に表れるものです。

メイクアップとは彩りだけではなく、
心に深く関わり、より日常をハッピーにしてくれます。
それが自然に表情に表れる事により、
あなただけが持つ「美のオーラ」の軸となっていきます。

自らの美しさを創り上げ、常に進化させていきましょう。

あなたの美しさを創り上げる側面から、
そのきっかけとなる鍵をお渡しできれば嬉しく思います。

大学卒業後、日本にてメイク アップ プロフェッシェナルコース全てを終了。
メイクアップにおける広い視野と更なる技術を得るため渡米。
LA にて特殊メイクにまでおける全てのプロフェッショナル課程を終了後、
フリーランスのメイクアップ アーティストとして、
スチール撮影、ミュージックビデオ、ステージ、映画などに携わる。
帰国後、日本ロレアル入社。同社ブランドである、ランコム、ジョルジオ アルマーニ、
ヘレナルビンスタインのブランドのインターナショナルメイクアップ アーティストとして、
メイクアップ コレクションのコンセプトや技術を日本に発信する役割を担う。
特にジョルジオ アルマーニ コスメティックスでは、
アルマーニ本人が指揮するバックステージに携わりながら、
日本市場導入に伴い、製品開発コンセプト立案、接客販売マネージメント、
イベント企画運営全てをプロデュースする。

【中古】中古部品 トヨエース YY52 左フロントドアAssy 【15538828】【中古】中古部品 タントカスタム LA650S 右ドアミラー 【15649129】

後に、シャネル パリ本社 メイクアップ スタジオからヘッドハンティング。
ココ・シャネル本人が採用したシャネル メイクアップ ディレクターの
ドミニク モンクルトワからスカウトされたことがきっかけとなり入社。
ドミニクが引退するまで彼の右腕として師事。
2006年からエグゼクティヴ メイクアップ アーティストに就任。
パリ、メイクアップ スタジオチームと共に新製品開発やメイクアップ技術を日本へ伝えるため、
インタビューや撮影、様々なプレス、バックステージでの活動のみならず、
日本市場におけるシャネル メイクアップ アーティストを牽引、指導し、
教育プログラム、美容部員の評価制度を作り上げる。

2015年独立。3,000人以上を超えるメイクアップ実績とデータをもとに、
女性の美と内面の豊かさを引き出す独自のメイクアップセラピーを確立。
美容業界、アパレル業界向けのセミナーやコンサルティングを実施する傍ら、
メイクアップ指導、メディア活動等、現在活動の中心としている。